□完全予約制□

↓ご予約はこちら↓

携帯:090-8400-8925

メール:nagomi-89@softbank.ne.jp

 ※施術中は電話にほとんど出られません。

メールでの早めのお問い合わせをお願い致します。

 

営業時間:朝9時~夕方5時まで

 

営業日:月~土曜

 (日曜・祝日休み)

受診時間の目安

平日

◇9:00~

◇10:30~

◇13:00~

◆14:30~(在宅患者さまへの訪問鍼灸マッサージ)

 

土曜日(終日なごみルームでの治療)

◇9:00~

◇10:30~

◇13:00~

◇14:30~

◇16:00~

 

他のお客様のご予約施術時間により、目安より30分程度時間が前後いたします。

 

ご希望の時間帯をご相談ください。

 

 

お知らせ

大変申し訳ございませんが、当院はプライベートを尊重しており、一日に対応出来る人数がかなり少ないため、およそ2週間先まで新規のご予約が取りにくい状態になっております。


平成27年4月から、ご縁のある皆様をより健康なライフスタイルへとご案内するため、整体器具「けんこう枕」を用いた施術を導入しております。

それに伴い、コース内容と料金を変更をさせていただきました。


健康保険を利用した訪問鍼灸マッサージ治療では、けんこう枕での治療は実費扱いになります。

2014年

1月

26日

ベビ待ち(妊活)治療について

ベビ待ち(不妊)治療について。

 

私は、不妊という響きが好きではないため、『ベビ待ち鍼灸』や「妊活鍼灸」と表現しています。

 

 2013年12月現在進行形で、和~なごみ~ルームでは3名のへ、ベビ待ち施術をさせていただいています。

 和~なごみ~ルームとしての、妊娠実績はまだありません。

というのは、今までの和~なごみ~ルームには、ベビ待ちの患者さまとのご縁がなかったのです。

 これまで鍼灸マッサージ師として「痛み・不定愁訴」を課題としてきました。なので、自然とそういう悩みの方がほとんどでした。

 自分を取巻く環境の変化もあり、また女性の患者さんから、男性の先生にお腹やおしりのツボを治療されるのには抵抗があるとのご意見も頂き、女性の為に頑張らないと!という気持ちが芽生えるとと共に、ベビ待ち(不妊)治療のお問い合わせをいただくことが急激に増えてきました。引き寄せの法則ってやっぱりあるのですね。

 

 なので、私としての妊娠実績はまだありませんが、鍼灸による身体作りで妊娠された方の実績は数多くあります。

加えて、自分が不妊治療の研修会に参加して学ぶことが、日頃の臨床で私が最も意識しているポイントとリンクすることも多く、ベビ待ちの方へきっと喜んでいただける結果が出さるとの自身にもなりました。

 

 私自身も半年間ベビ待ち(二人目不妊)で落ち込んでいた時期があります。

私の場合は、何がいけないのか、さまざまな事を考え、自分を責め、そして、心身共に疲れて・・・、執着することを諦めて日々の生活を大切に過ごす事に意識を向けしばらくすると、第2子を授かることが出来ました。私は幸運に恵まれていました。

 

 ベビ待ちの原因は多岐に渡ります。

何より期間限定という問題もあります。

 

私のように一人で悩みながら、自分で調べて出来ることをやってみるのもいいかと思います。

自分で出来ることは自分でやる。

とても大切です。

ただ、私には医学の基礎があったので、半年間という早い段階で、幸運に恵まれたのではないかな。と考えています。

 

私は、ベビ待ちのあなたとしっかり向かい合い、体作りの為に「良い」と言われる技術と情報をご提供していきます。

  

 

 

2013年

10月

08日

徒然なるままに

ホームページ

まだまだ、操作がよくわかってないので、

内容もまちまちですが、、、

 

時間はあるので、

楽しみながら充実させていこうと思います♫

和~なごみ~ルームの治療について

よく患者さんから、

和~なごみ~Roomの治療は

『 終始、気持ちいい~ 』 と言われます。

 

高隈の空気が澄んで気持ちいい。

ベットに横たわった瞬間、ベットの寝心地が気持ちいい。

施術者の手が予想以上に温かく気持ちいい。

 

など、様々な気持ちいい~のご意見を頂いています。

 

『気持ちいい~』から通ってみて、結果、9割の方には3回ほどで、主訴の改善・軽快が見られます。1回で痛みが無くなるような方も中にはいらっしゃって、お互いにびっくりすることがありますが(笑)

 

 

私が『気持ちいい治療』を行っているのは、

しっかりと裏づけされた、

『自律神経の理論』があるからです。

 

自律神経理論に加え、

 

身体の歪み・東洋医学からみた身体の反応(ツボ・脈診)に対して<整体・鍼・灸>を駆使して

個人の持っている回復力を最大限に引き出すためには・・・?

 

と、最善の方法を考えながらお一人お一人のお体と向き合っています。

 

和~なごみ~Room では、

「ゆったりとくつろいでいただく時間」

も、「症状を改善するために必要な治療」だと考えています。

ただ、くつろげる時間があればいいかとそうではなく、

身体が必要としている刺激を加えながら、ゆったりとくつろぐ時間 が最短時間で症状が改善していくことに必要だと考えています。

 

 

女性特有の症状について

女性特有の悩みについて

 

月経痛、更年期障害、不妊、痔、頻尿など、女性には骨盤内臓器のトラブルがとても起こりやすいです。

 

肩こりや腰痛の治療で鍼灸院や整体に行ってるけど、相談したいけど、なかなか言い出せない、、、

 

当ルームでも、治ったあとに、告白してくださる人がたまにいます。

 

『実は、○○○だったんですけど、肩こりの治療に来ているうちに、よくなって来ました!』

という感じです。

 

ツボには、過去数千年の経験から、特定の症状に特によく効くツボ(特効穴、奇穴など)、病気の根源にあたる臓器、経絡の虚実を整えるツボ(本治法)、症状の改善に効果が期待できるツボ(標治法)など、先人が臨床を積み重ねてきた経緯があります。

 

標治法だけを用いる先生方も多いですが、和~なごみ~ルームでは、全身のバランスを整えることを大事に考えているため、

主訴以外の不調も軽減することが多いのです。

 

 

親子スキンタッチ健康法への想い

私の小児はりの経歴は 娘の成長と共にあります。

初めての出産・育児は慎重になりすぎ、

少し湿疹が出ればアトピーではないか?

一回嘔吐すれば、悪い細菌に感染したのではないか?

熱が上がれば、とりあえず病院に・・・・

 

と、まあ、鍼灸師といえど、わが子のことになると少しのことで

右往左往していました。

 

それでも、長女は、よく寝てよく食べ、たいして手もかからず成長してくれました。

 

2年後次女が生まれたのですが、

この次女がなかなかの神経質な気質で。。。。

 

長女と同じ様に育児をしてるはずなのに、夜泣きはひどいし、すぐに怒るイライラちゃんでした。

 

赤ちゃんの夜泣きって本当に大変なんですよ。

 

お母さんの育児が悪い?

赤ちゃんの性格?

環境?

 

私が行き着いた結論は、夜泣きの原因は様々あり、けっして一つではないということ。

ということは、改善策も一つではない。

 

その改善策の一つに

親子スキンタッチ健康法があります。

 

親子スキンタッチ健康法には

親子の心を繋ぐ不思議な力が込められています。

 

毎日たった5分。

いや、

1分でもいいんです。

 

続けることで、

 

不思議と

 

親子の心が

整います。

 

私が そうでした。

 

二人の娘を同じように育ててるつもりで、

よくよく考えれば、接し方には違いがありました。

 

そんな違いを気づくきっかけをくれたのが

 

親子スキンタッチ健康法。

 

小児はりは偉大です。

250年も昔から、子供の成長に、『触れることの大切さ』を

伝えてきたのです。

ただ触れるだけでなく、

その触れ方、道具に至るまで、本当に奥が深い。

 

 

「たかが、撫でさするだけじゃないか」

 

とおっしゃる方もいるでしょう。

 

でもね。

 

お年寄りだって、子供だって、大人だって、

 

誰かと触れることがなければ、

 

治るものも治らないんですよ。

 

と、私は臨床を通じて強く感じています。

 

『誰かに触れてもらうだけで、

体はぐんと良くなる』

 

『ツボを的確に捉えれば

体はもっと早く良くなる』

 

『終末期だって、

その手から伝わるぬくもりで、安らげる』

 

私はそう考えています。

 

 

指圧の有名な格言をご存知ですか?

指圧の心は母心。押せば命の泉湧く』 浪越徳次郎先生

 

体調が悪く病気の時には、お薬も大事ですが、

 

薬の効果をしっかり出すためにも

 

愛情をもって触れることがもっと大事だと私は考えています。